狂った一頁

僕達を縛り付けて独りぼっちにさせようとした全ての大人に感謝します。

Category: 雑記スペシャル   Tags: ---

Comment: 0  

卵は投げるものではない。

この前国会図書館に行ったときのこと。
自民党本部前は結構な警備体制が敷かれていた。
そのすぐ前で、若い女性が立ち止まり、鞄からやおら卵を1つ取り出した。
僕は「あっ!」と一瞬背筋が凍った。
警備の警官の方を見ると、警官達は誰も気づいていない。
「やるのか!?」と緊張して女性の方を見ると
その女性は卵を塀にコンコンと優しく叩き、殻を剥いてパクッとひと口食べた。
そして何事も無かったように歩き出した。
スポンサーサイト

テーマ : ある日の風景や景色    ジャンル : 写真

Category: 雑記スペシャル   Tags: ---

Comment: 0  

謹賀新年

あけましておめでとうございます。
新年好。
새해 복 많이 받으세요.
Happy New Year.

皆様のご健康とお多幸をお祈り申し上げます。
我祈祷每个人的健康和幸福。
여러분의 건강과 행복을 기원합니다.
I pray for your health and happiness.
2017年賀状

テーマ : 年末&お正月    ジャンル : 日記

Category: 雑記スペシャル   Tags: ---

Comment: 0  

血塗られたクリスマス

家族でしまじろうのクリスマスコンサートから帰ってき来たら、
路上にうつ伏せで倒れている老人に遭遇。
近づくと額から少し流血していて意識はあった。麻痺があるらしく自力で立てない様で顔も上げられない。
老人用の滑り止め付きのマジックテープの靴を履いている。声を掛けると飲み過ぎたと言う。
救急車を呼びましょうか?と言うと、近所のアパートだから大丈夫と言うものの、場所も電話番号もはっきりとは言えない。
頭を打ったからなのか、酔っているからなのか、もともとなのか分からない。
救急車は嫌だというが、結局妻と息子を先に返して電話で救急車を呼んだ。

民家の前というかギリギリ敷地内だけど住人は不在の様子。
救急車が来るまでの間、通りかかる人にいちいち説明したりするのが面倒くさいが、
何も聞かれずに通り過ぎられると、それはそれでなんか聞いてくれよと思うのだった。
救急車が来たので引き継いでうちに帰る。

サンタさんからのプレゼントの自転車を持って公園に行くことになっていたので、さっきの道を息子と通りをまた通る。
するとまだ救急車がいた。救急車の後ろで額にガーゼを貼られた老人は立って救急隊員と話しをしていた。
どうやらその場で応急処置だけして貰って自力で帰ろうとしているようだ。
無事で何よりと思いながら老人が倒れていた所を見るとまだ血が残っていた。

公園で1時間くらい遊んで帰って来ると、やはり老人の血はそのままになっていた。
そりゃそうだ、掃除は救急隊の仕事ではない。この民家の住人が帰って来たらさぞかしびっくりするだろう。
なんせ、家の表に謎の血溜まりが残ってるんだもんな。
そんな血塗られたクリスマス。
DSC07993.jpg






テーマ : ある日の風景や景色    ジャンル : 写真

Category: 雑記スペシャル   Tags: ---

Comment: 0  

ADHDとテンイチイチ

米国の9.11から15年、東北の3.11から5年6ヶ月の今日(この日記を書いたのは9月11日)、本所防災館で防災体験に参加した。
最近うちの4歳児がやたら地震の動画見たい、地震体験車に乗りたい、というので無料というのもあり、試しに行ってみた。

IMG_1065__1_.jpg

消防官のアドバイザーさんについて回り、展示施設を体験するツアーになっていた。

本当は地震体験だけやって4歳児が騒ぎださないうちに帰ろうと思っていたのだけれど、
時間と順番が決まっているツアーになっていて、大丈夫かなと不安になったが、最初の3.11を振り返る映画もおとなしく見れ、次にすぐ地震体験コーナーに行けたので助かった。(受付でうちの子の事情を話していたので、回る順番を配慮してくれたのだと思う。ありがたい。)

地震体験コーナーでは、揺れ始めは一瞬ビビってたけど、他の子に混じってちゃんと机の下に入れたし、座布団も自分で頭に被ったり出来ていた。後半、コーナー中に響き渡る大声でゲラゲラ笑っていたのはちょっと気になったけど。。。
IMG_1066.jpg

消火器体験は「火事だー」の声出しのみで見学。

暴風雨体験は、台風リポートの真似しながら見学。
IMG_1070.jpg
写真中央がお母さん

最後の煙体験は、煙が充満する暗い通路を低い姿勢で手を繋ぎながら歩いた。最後は真っ暗闇だったがパニックになることもなく脱出成功の4歳児。

無事ツアー全行程終了。

最後に、展示してある火災報知器全ての点検ブザーのスイッチを引っ張らせてもらって、大満足の4歳児であった。

最後まで飽きずにちゃんと参加出来たのは予想外の大きな収穫だった。



IMG_1076.jpg IMG_1080.jpg






テーマ : ある日の風景や景色    ジャンル : 写真

Category: 雑記スペシャル   Tags: ---

Comment: 0  

お金ないのに




朝起きると、

息子(4歳)がいつもお金代わりにして遊んでいるボタンを両手でジャラジャラさせながら

「お金がない、お金がない」

と呪文のように繰り返していた。

「どうしたの?」

と聞くと、

突然、私の顔に向けてボタンを投げつけてきた。

「何すんだよ、痛いじゃないか! どうしてそんなことするの!?」

顔を押さえながら聞くと、息子はこう返してきた。





「おとうさん、お金ないのにビール飲んでるからバカでしょ」





お母さん、御免なさい。




テーマ : 育児・子育て    ジャンル : 日記

Category: 雑記スペシャル   Tags: ---

Comment: 0  

願いごと、多くは望みません。

日中ちょっと仕事の息抜きがてら朝顔市を散歩しようと思い、4歳の息子を誘った。
出かける前にトイレに行きなと言うと、「トイレは行かない」と頑なに拒否。
家を出てしばらく歩くと「おしっこ」と言う。「だから言ったろう」と家に戻りトイレを済ませて再出発した。
抱っこをせがむ甘ったれ小僧をいなしながら7、8分歩く。
朝顔市の入り口の交差点まで来るとまた、「おしっこ」と言い出した。
すぐ近くに臨時トイレコーナーがあるので連れて行く。
簡易トイレのドアを開けてやると「なに?この臭い?」と聞くので、「おしっこの臭いかな」と答えると、
「臭いからやだ、うちのトイレでする」と言う。
説得するも終いには泣き出した。
結局、「あさがお」の「あ」の字も見ず帰宅。
仕事再開。
七夕の午後のこと。

願い事は、ただひとつ。
息子の成長。
ただそれだけ。



壊れるところが見たいらしい。
人間の破壊衝動の原点がここに。




Category: 雑記スペシャル   Tags: ---

Comment: 0  

逆じゃないですか?

このタイプの標記って、
「開く」と「閉じる」が逆なんじゃないかと思うのは、僕だけだろうか?

IMG_2755.jpg
写真歪んでるけど気にしないでね。
△が矢印となり、ドアが動く方向を表しているのだろうけど、
僕にはどうしても、「とじる」の方が扉が観音開きしている状態で、「ひらく」の方が扉が閉じている状態に見えてしまう。

落ち着いて考えれば、文字で「ひらく」「とじる」と書いてあるのだから押し間違えないのだけれど、
エレベーターのドアが閉じかけている時に人が乗り込もうとしたりすると、
慌てて「ひらく」ボタンを押そうとして、必ず間違えて「とじる」ボタンを押してしまうのです。

これって、僕だけなんだろうか?

Category: 雑記スペシャル   Tags: ---

Comment: 0  

アタルモハッケ

ここ1年ほど悩みというか迷いというか、
少し弱気になる事が多くなって来て、
今が人生の岐路かも知れない…なんて思い、
生まれて初めて占い師に運勢を見てもらった。
九星気学とか四柱推命とか本格的な占い。
どうやら11歳から今までの僕の運勢は相当悪かったみたいで、
今年も最悪とのこと。。。
でも来年からはずっと良い運勢が続くらしい。
取り敢えず、今年を乗り越えれば何とかなるのだろうか。
そして、なんと60歳からがもの凄く運気が良いらしく、
デカイ仕事を90歳位までやって、相当幸せになるんだそうな。
95歳までは生きるらしいです、僕。
ご先祖様が3人も守護霊としてついてくれてるそうな。
我が一族がお墓をしっかり守っているのが良いのだそうで、確かに我が一族はマメに墓参りしてる。
しまった、今日帰りにお祖父ちゃんお祖母ちゃんのお墓を行っとけば良かった。
幸せを掴むのにまだあと20年も掛かるのかと気が遠くなるのと同時に、
この先も生きて行けるんだということで少し安堵したり、
性格なんかは100%ピッタリ寸分の狂いもなく完全に当てられちゃったり。
他にも54歳と59歳の時に身体壊すとか、身内の不幸がありそうな時期とか、
幸運を引き寄せる方法とか色々教えてもらった。
大企業の社長さんや偉い人が色々相談に来る(らしい)超ベテランな占い師さん。
50分位お話しを聞いて3,000円。
最近弱気になっていたけど、
なんとかこれからもやって行けそうな気がして来て、
見てもらって良かったなと思ったのでした。
それにしても、
今までの冴えない人生をあっさり見破られたのには笑ったな。

テーマ : ひとりごとのようなもの    ジャンル : 日記

Category: 雑記スペシャル   Tags: ---

Comment: 0  

続・成長

凄いじゃないか、
療育のファミリートレッキング、休憩入れて全6時間の行程を全部自分の力で歩けたんだ。
グズりもせずちゃんと歩けたなんて本当に凄いぞ。
これは自信になるな。
帰りの電車はずつと抱っこだったけどね。いいよ、本当によく頑張ったもんな。
しかも、これから電気屋さんの扇風機見に行きたいとか言ってさ、だいぶ体力ついたな。
ウチに帰ってから、電気屋さんじゃなくて近所のお祭りに行ったのだけど、出掛けから帰るまでの間も抱っこって言わずにずっと自分で歩いたもんな。
それに、前の日にやったプヨプヨすくいとスーパーボールすくいは見るだけで我慢出来た。水飴も歯にくっつくから我慢した。
帰りには、消防車みて、
「大きくなったら消防士さんになりたい」
なんて言って。
行きには警備員さんって言ってたけど。いなげやの警備員さん優しいもんな。
お父さんびっくりしたよ。
「大きくなったら〇〇になりたい」なんて言葉が出てくるなんてな。
一歩一歩、ゆっくりでもいいよ、
4歳6カ月、
お前にはお前のペースがあるからな。

写真撮る真似してパシャ!

Category: 雑記スペシャル   Tags: ---

Comment: 0  

成長

ジュニア、最近よく頑張ってるな。
ドアノブ自分で回して開けられるようになったな。トイレも自分で電気点けてドア開けて、扉も閉めて一人でおしっこ出来るようになったな、ちゃんと手も洗える。
お父さんやお母さんに言われないで自分からやるようになったなもんな。
お父さんもお母さんも本当に感心してるぞ。
今日は療育のイベントのファミリートレッキングだ。お父さんは集合場所までお見送り。
本当はお父さんも一緒参加したいけど、お父さんがいるとすぐ抱っこせがんで歩かないから、お父さんは行かないんだぞ。
いいか、お母さんに抱っこせがまないで最後まで歩くんだぞ。出発前に自分で「今日は抱っこしない」って言ったもんな、頑張れよ。

05 2017 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

チョロQ

Author:チョロQ
天才かキチ☆ガイかは死ぬ時に判断して欲しい。
映画は、映画館で観てこそ映画。ラーメンは700円以内。
FBでの「お誕生日おめでとう」のやりとりが嫌いです。
著作権アリ、無断掲載ヤダ。
コメント自由。

カテゴリー
  • 雑記スペシャル(93)
  • 写真モノ(123)
  • ショート(22)
  • 映画(22)
  • 糞短歌(18)
FC2カウンター
月別アーカイブ