狂った一頁

僕達を縛り付けて独りぼっちにさせようとした全ての大人に感謝します。

Category: 雑記スペシャル   Tags: ---

Comment: 0  

成長

去年の誕生日
IMG_4238.jpg

今年の誕生日
IMG_4240.jpg

気が付けば、あっという間に6歳。
もうすぐ幼稚園卒園だ。
この一年間は本当に良くがんばった。
特に発音の上達には先生たちも驚くほどで、
油断しなければもうほとんどちゃんと聞き取れるようになった。
本当によくがんばったな。
遠足の時に、ある女の子が面白いからお前と手をつなぎたいって言ってたそうじゃないか。
言葉が通じるようになって、ようやくお前の面白さが幼稚園のお友達にもわかるようになったようだ。
絵も上手くなった。
紙と空き箱を使った工作で何でも作れる。
補助の先生もそれほどお前に付っきりでもないようだな。
今年の運動会、列に並んでみんなと最後までちゃんと出来てた。
踊りも体操も応援団も全部出来てた。駆けっこも負けちゃったけど公園での練習の成果はちゃんと出てたぞ。
卒園に向けて、色々と緊張があるのか、最近また首振りと頭叩きが増えて来たけど、
なんにも気にすんな、
お前はスペシャルな男だ。
これからはお前の時代だ。
卒園まであと4ヶ月、思いっきり暴れてこい。




スポンサーサイト

テーマ : ある日の風景や景色    ジャンル : 写真

Category: 雑記スペシャル   Tags: ---

Comment: 0  

さて、どうしたもんかランドセル。

今年はだいぶ人の踊りを見て真似が出来るようになった。

発音も練習の成果がかなり出てきてる。

代わりに文字の読み書きが覚えられないことが何となくわかってきたけど、

鉛筆はちゃんと持って力入れて描けるようにはなった。

来年は小学校、さて何処に入ればいいのやら。

よその子と比べなければ大した問題無いように見えるけど、

幼稚園参観したら一目瞭然の差。

本人もお友達が相手にしてくれないことに悩み始めてる様だし、

さて、どうしたもんか。

支援級か通級か、たはまた普通級か、

今まで通り療育に通うか、

無理してでも私立小学校に通わせるべきか、

そもそも学校に任せることじゃないのかもしれない。

我々親が覚悟を決めて

育てないといけないのだろうなぁ。



Category: 雑記スペシャル   Tags: ---

Comment: 0  

器が小さいのはラーメンではなく私です。

昨日初めて入ったラーメン屋がとても美味かったので今日の昼も来た。
昼時で店内は混雑している人気店。
呼び出しボタンを押しても「少々お待ち下さい」と言うだけで店員は他の客に対応に追われている。まぁしょうがないかと店員を待っていると、隣の席の後から来た若者が「すいませーん」と直接店員を呼ぶ。
おいおい青年よ、俺も昨日来た時は店員に直接声を掛けたがこの店はボタンがあるのだよ、などと心の中で先輩ズラしていると、ちょうど客対応を終えた店員が直ぐに来て隣の若者の注文を聞いた。
おい、俺が先だろが。
若者の注文を聞く店員を、次にどうするかムッとしながら見ていたら、若者のオーダーを厨房に通す前にこちらの注文を聞きに来た。店員に小言を言うのは隣の若者も気分良くないだろうから我慢した。せめてこちらの注文を若者のより先に持って来てくれないかと思って待ったが、案の定、ラーメンは若者の方が先に来た。
こんな店もう二度と来ないぞと思ったけれど、今日注文したラーメンもかなり美味かった。だけどちょっと高い。
俺は飲食業やサービス業のスタッフ対応はかなり根に持つタイプだ。
スープまで完食して、満席の店内、席待ちの客もいる中でチンタラこの文章を書いた。
これでおあいこだ。そう思ってレジに向かった。
レジに立った店員がソワソワして店の奥に行く。どうやら俺が伝票を持って来なかったから店員が慌てていたようだ。店の奥から伝票を持って来て俺に見せて「これですか?」って言うから、「伝票あったんだ」「はい」「ごめん」みたいなやりとりして支払いして店を出た。
さっき「ごめん」て言ったけど、伝票を俺の席に持って来なかった店員が悪いんで俺は全然悪くないじゃないか、なんで俺は謝ったんだ。


Category: 雑記スペシャル   Tags: ---

Comment: 0  

卵は投げるものではない。

この前国会図書館に行ったときのこと。
自民党本部前は結構な警備体制が敷かれていた。
そのすぐ前で、若い女性が立ち止まり、鞄からやおら卵を1つ取り出した。
僕は「あっ!」と一瞬背筋が凍った。
警備の警官の方を見ると、警官達は誰も気づいていない。
「やるのか!?」と緊張して女性の方を見ると
その女性は卵を塀にコンコンと優しく叩き、殻を剥いてパクッとひと口食べた。
そして何事も無かったように歩き出した。

テーマ : ある日の風景や景色    ジャンル : 写真

Category: 雑記スペシャル   Tags: ---

Comment: 0  

謹賀新年

あけましておめでとうございます。
新年好。
새해 복 많이 받으세요.
Happy New Year.

皆様のご健康とお多幸をお祈り申し上げます。
我祈祷每个人的健康和幸福。
여러분의 건강과 행복을 기원합니다.
I pray for your health and happiness.
2017年賀状

テーマ : 年末&お正月    ジャンル : 日記

Category: 雑記スペシャル   Tags: ---

Comment: 0  

血塗られたクリスマス

家族でしまじろうのクリスマスコンサートから帰ってき来たら、
路上にうつ伏せで倒れている老人に遭遇。
近づくと額から少し流血していて意識はあった。麻痺があるらしく自力で立てない様で顔も上げられない。
老人用の滑り止め付きのマジックテープの靴を履いている。声を掛けると飲み過ぎたと言う。
救急車を呼びましょうか?と言うと、近所のアパートだから大丈夫と言うものの、場所も電話番号もはっきりとは言えない。
頭を打ったからなのか、酔っているからなのか、もともとなのか分からない。
救急車は嫌だというが、結局妻と息子を先に返して電話で救急車を呼んだ。

民家の前というかギリギリ敷地内だけど住人は不在の様子。
救急車が来るまでの間、通りかかる人にいちいち説明したりするのが面倒くさいが、
何も聞かれずに通り過ぎられると、それはそれでなんか聞いてくれよと思うのだった。
救急車が来たので引き継いでうちに帰る。

サンタさんからのプレゼントの自転車を持って公園に行くことになっていたので、さっきの道を息子と通りをまた通る。
するとまだ救急車がいた。救急車の後ろで額にガーゼを貼られた老人は立って救急隊員と話しをしていた。
どうやらその場で応急処置だけして貰って自力で帰ろうとしているようだ。
無事で何よりと思いながら老人が倒れていた所を見るとまだ血が残っていた。

公園で1時間くらい遊んで帰って来ると、やはり老人の血はそのままになっていた。
そりゃそうだ、掃除は救急隊の仕事ではない。この民家の住人が帰って来たらさぞかしびっくりするだろう。
なんせ、家の表に謎の血溜まりが残ってるんだもんな。
そんな血塗られたクリスマス。
DSC07993.jpg






テーマ : ある日の風景や景色    ジャンル : 写真

Category: 雑記スペシャル   Tags: ---

Comment: 0  

ADHDとテンイチイチ

米国の9.11から15年、東北の3.11から5年6ヶ月の今日(この日記を書いたのは9月11日)、本所防災館で防災体験に参加した。
最近うちの4歳児がやたら地震の動画見たい、地震体験車に乗りたい、というので無料というのもあり、試しに行ってみた。

IMG_1065__1_.jpg

消防官のアドバイザーさんについて回り、展示施設を体験するツアーになっていた。

本当は地震体験だけやって4歳児が騒ぎださないうちに帰ろうと思っていたのだけれど、
時間と順番が決まっているツアーになっていて、大丈夫かなと不安になったが、最初の3.11を振り返る映画もおとなしく見れ、次にすぐ地震体験コーナーに行けたので助かった。(受付でうちの子の事情を話していたので、回る順番を配慮してくれたのだと思う。ありがたい。)

地震体験コーナーでは、揺れ始めは一瞬ビビってたけど、他の子に混じってちゃんと机の下に入れたし、座布団も自分で頭に被ったり出来ていた。後半、コーナー中に響き渡る大声でゲラゲラ笑っていたのはちょっと気になったけど。。。
IMG_1066.jpg

消火器体験は「火事だー」の声出しのみで見学。

暴風雨体験は、台風リポートの真似しながら見学。
IMG_1070.jpg
写真中央がお母さん

最後の煙体験は、煙が充満する暗い通路を低い姿勢で手を繋ぎながら歩いた。最後は真っ暗闇だったがパニックになることもなく脱出成功の4歳児。

無事ツアー全行程終了。

最後に、展示してある火災報知器全ての点検ブザーのスイッチを引っ張らせてもらって、大満足の4歳児であった。

最後まで飽きずにちゃんと参加出来たのは予想外の大きな収穫だった。



IMG_1076.jpg IMG_1080.jpg






テーマ : ある日の風景や景色    ジャンル : 写真

Category: 雑記スペシャル   Tags: ---

Comment: 0  

お金ないのに




朝起きると、

息子(4歳)がいつもお金代わりにして遊んでいるボタンを両手でジャラジャラさせながら

「お金がない、お金がない」

と呪文のように繰り返していた。

「どうしたの?」

と聞くと、

突然、私の顔に向けてボタンを投げつけてきた。

「何すんだよ、痛いじゃないか! どうしてそんなことするの!?」

顔を押さえながら聞くと、息子はこう返してきた。





「おとうさん、お金ないのにビール飲んでるからバカでしょ」





お母さん、御免なさい。




テーマ : 育児・子育て    ジャンル : 日記

Category: 雑記スペシャル   Tags: ---

Comment: 0  

願いごと、多くは望みません。

日中ちょっと仕事の息抜きがてら朝顔市を散歩しようと思い、4歳の息子を誘った。
出かける前にトイレに行きなと言うと、「トイレは行かない」と頑なに拒否。
家を出てしばらく歩くと「おしっこ」と言う。「だから言ったろう」と家に戻りトイレを済ませて再出発した。
抱っこをせがむ甘ったれ小僧をいなしながら7、8分歩く。
朝顔市の入り口の交差点まで来るとまた、「おしっこ」と言い出した。
すぐ近くに臨時トイレコーナーがあるので連れて行く。
簡易トイレのドアを開けてやると「なに?この臭い?」と聞くので、「おしっこの臭いかな」と答えると、
「臭いからやだ、うちのトイレでする」と言う。
説得するも終いには泣き出した。
結局、「あさがお」の「あ」の字も見ず帰宅。
仕事再開。
七夕の午後のこと。

願い事は、ただひとつ。
息子の成長。
ただそれだけ。



壊れるところが見たいらしい。
人間の破壊衝動の原点がここに。




Category: 雑記スペシャル   Tags: ---

Comment: 0  

逆じゃないですか?

このタイプの標記って、
「開く」と「閉じる」が逆なんじゃないかと思うのは、僕だけだろうか?

IMG_2755.jpg
写真歪んでるけど気にしないでね。
△が矢印となり、ドアが動く方向を表しているのだろうけど、
僕にはどうしても、「とじる」の方が扉が観音開きしている状態で、「ひらく」の方が扉が閉じている状態に見えてしまう。

落ち着いて考えれば、文字で「ひらく」「とじる」と書いてあるのだから押し間違えないのだけれど、
エレベーターのドアが閉じかけている時に人が乗り込もうとしたりすると、
慌てて「ひらく」ボタンを押そうとして、必ず間違えて「とじる」ボタンを押してしまうのです。

これって、僕だけなんだろうか?

11 2017 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

チョロQ

Author:チョロQ
天才かキチ☆ガイかは死ぬ時に判断して欲しい。
映画は、映画館で観てこそ映画。ラーメンは700円以内。
FBでの「お誕生日おめでとう」のやりとりが嫌いです。
著作権アリ、無断掲載ヤダ。
コメント自由。

カテゴリー
  • 雑記スペシャル(96)
  • 写真モノ(127)
  • ショート(22)
  • 映画(22)
  • 糞短歌(18)
FC2カウンター
月別アーカイブ