狂った一頁

僕達を縛り付けて独りぼっちにさせようとした全ての大人に感謝します。

Category: ショート   Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

ん?



昨今の右傾化をよしとする人々の声と


頑固おやじ復古を望む声が


ごっちゃになってる。





スポンサーサイト

テーマ : 日本のルールとマナー、常識と非常識。    ジャンル : 政治・経済

Category: 映画   Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

映画ひとこと、ふたこと(5)+


『かもめ食堂』(監督/脚本 荻上直子/原作 群ようこ)

爽やかな夏のヘルシンキでおにぎり。日常生活の疲れを癒してくれる、スローライフな作品だった。のんびりゆっくりしっかり休むことはとても大切なことだ。
しかし、フィンランドまで行かないと心を休めることが出来なかったのだろうか。ふらっと行って、冬だったらどうしただろうか。


『寝ずの番』(監督 マキノ雅彦/原作 中島らも)

だいの大人が「ち◯ぽ、ち◯ぽ」「お◯こ、お◯こ」と連呼する様は、粋かどうかはよく分からないが、かえって爽やかだ。何よりも素晴らしいのは笹野高史の演技で、名人芸の域に達している。


『プロデューサーズ』(監督 スーザン・ストローマン/脚本 メル・ブルックス)

メル・ブルックスの作品は、下ネタ、ゲイネタの連発でも下品にならないところがいい。バカバカしいストーリーだが、はかなり正統派な撮り方をしているので落ち着く。エンドロールの最後まで楽しませてくれるのも嬉しい。


『ニュー・ワールド』(監督/脚本 テレンス・マリック)

奇跡の映像叙事詩を観た。自然光のみで、天候までもあるがままに受け入れて撮影されたポエジーなショットの数々とモンタージュは、神々しく、異なる文化に生きる者たちの出会いが生んだ悲しみを魂に響かせる。しばらくは他の映画を観ないで、心地よい余韻に浸っていたい。
アロマ・プレミアシート(ルーブル丸の内、梅田ブルグ7)とは、愚かな試みとしか思えない。7つのシーンでブレンドの異なるアロマの香りが座席の下から噴霧されるのだが、深い精神性に包まれたイマジネーション豊かな映像を前にして、何故匂いの押し売りを受けなければならないのか?余計なお世話でしかない。誰が考えた企画か知らないが、この作品を観て、優れた映画が物語を伝えるだけではなく、豊かなイマジネーションを喚起させてくれる事に気が付かなかったのだろうか。
もしかして『ピンクフラミンゴ』のファンだったりして。それなら意外と話合うかも。




テーマ : 映画館    ジャンル : 映画

Category: 映画   Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

映画ひとこと、ふたこと(4)


『エミリー・ローズ』(監督/脚本 スコット・デリクソン)

ローズ役のジェニファー・カーペンターの顔が怖い。観たまんま、それ以上でもそれ以下でもない描き方なので(それはそれで全然悪くないのだが)、彼女の顔くらいしか今は印象に残っていない。実話をもとにした映画の場合、どの部分が実際にあった話で、どこが創作部分なのかが気になってしょうがない。


『ヒストリー・オブ・バイオレンス』(監督 デイヴィッド・クローネンバーグ)

暴力に悪の暴力も正義の暴力も無い。悪だろうが正義だろうが、暴力がもたらす結果は同じく、肉体の損傷である。
今年度、この作品を上回るできの作品は出て来るだろうか。B級娯楽の定番ストーリーの態で、クローネンバーグは、個人的であり社会的でもある暴力を、哲学的にも政治的にも語れる作品に仕上げてしまった。一切の無駄を削ぎ落としたシャープな演出には眼から鱗。
この作品で、世界は彼が変態は変態でも良識ある変態であることがよく理解できただろう。


『ふたりのベロニカ』(監督/脚本 クシシュトフ・キェシロフスキ)

キェシロフスキ作品については、ks530さんのDelirious New York Diaryの評論がとても素晴らしい。
どうでもいい事だが、キェシロフスキって言い辛い。ちょっと前までキシェロフスキって言われていた気がするが。


『君とボクの虹色の世界』(監督/脚本 ミランダ・ジュライ)

監督で主演のジュライを含めて全てのキャストの顔がイイ。この作品世界の中で、彼ら以上にリアリティのある顔の俳優は他にいないのではと思うほどハマった。
彼女の自分を取り巻く環境から様々な可能性を見つけ出す好奇心と才能に嫉妬する。それに比べて、自分は未だに取り巻く環境どころか足元しか見えていないのかも知れない。


テーマ : なんとなく映画    ジャンル : 映画

Category: 映画   Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

映画ひとこと、ふたこと(3)


『ミュンヘン』(監督 スティーブン・スピルバーグ)

『ミュンヘン』が描く平和への公平な叫びは言葉を濁すあいまいな行為ではなく勇敢な行為である。→上手いこと言うなぁ、Los Angeles Times の人。
自分の映画人生(かなり大したことない人生だけど)の原点は、小学生時代に出会ったスピルバーブとチャップリンの作品だった。その後、映画に対する考え方は随分と変わり、スピルバーグなんてさぁ、と意気がってみせたりもしていた。しかし、どう足掻いたところで「スピリバーグ」と「笑点」と「サザエさん」は確実に私の血となり肉となっていると云うことを思い知らされる今日この頃だったりする。
それにしても、よくあれだけの劇用車を用意したものだ。


『クラッシュ』(監督/脚本 ポール・ハギス)

良く出来た脚本に脱帽。


『エリ・エリ・レマ・サバクタニ』(監督/脚本 青山真治)

もっと長い時間ギュインギュインバリバリ爆音だけ聴いていたかった。
こういう作品を創れる監督とプロデューサーのコンビって素晴らしいと思う。


『三年身籠る』(監督/脚本 唯野未歩子)

ぼんやりとゆるいメタファーが意外とグサリと突き刺さる。
料理は心を豊かにするが、ゆとりがないと料理する気になれない。


『シリアナ』(監督/脚本 スティーブン・ギャラガン)

石油を巡る世界の仕組みがジャーナリスティックに冷めた目線で描かれていたと思うが、ラストのジョージ・クルーニーの行動が青臭くて疑問。恥ずかしながら中東情勢について不勉強だったため、パンフレットのストーリー説明を読まないと理解出来ない部分があった。客にヒップホップ風の若者が多かったのはポスターのせいか?



テーマ : 映画感想    ジャンル : 映画

Category: 映画   Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

映画ひとこと、ふたこと(2)


『秘密のかけら』(監督/脚本 アトム・エゴヤン)

アトム・エゴヤンの映画で好きなのは、主人公の持つ罪悪感が、理屈の上では必ずしもリンクさせて考えなくてもよい筈の事件(現在の状況)に心情的に作用してゆくところだ。あの煮え切らない感じがたまらなく好きだ。でも『スウィート ヒアアフター』(1997)が一番好き。


『輪廻』(監督 清水崇)

優香が頑張っていた。


『パッチギ!』(監督 井筒和幸)

『ガキ帝国』(1981)で充分だが、ザ・フォーク・クルセダーズにはジンと来る。


『単騎、千里を走る。』(監督 チャン・イーモウ)

大切なのはスタイルやテクニックではなく、心であることを改めて教わった気がする。
健さんがお洒落だった。それにしても、あの少年はよくうんこ出たなぁ。



テーマ : 映画のススメ    ジャンル : 映画

Category: 映画   Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

映画ひとこと、ふたこと(1)


『マダムと奇人と殺人と』(監督/脚本 ナディーヌ・モンフィス)

キッチュでとんまな奴らが繰り広げる人間模様に頬がゆるむ。
適度な小汚さが良い。


『ブラザーズ・グリム』(監督 テリー・ギリアム)

ギリアムの泥まみれでぐちゃぐちゃな土俗的な世界が好きだ。


『Jの悲劇』(監督 ロジャー・ミッチェル/原作 イアン・マキューアン)

主人公の内面の葛藤や動揺、罪悪感などが映像とストーリーで見事に現されている。
ジェッド役のリス・エヴァンスのとろ~んとした眼が怖かった。


『男たちの大和』(監督/脚本 佐藤純彌/原作 辺見じゅん)

戦後60年の総括に相応しい作品に思う。映画で戦争を振り返るとき、『きけ、わだつみの声』(1950年/監督 関川秀雄)と『男たちの大和』の2作を薦めたい。「敗れて目覚める。その為に死ぬ」あの戦争の経験は忘れてはいけない。ちなみに『北京原人 Who are you?』(1997)も忘れられない。


『リチャード・ニクソン暗殺を企てた男』(監督 ニルス・ミュラー)

ショーン・ペン扮する不器用で孤独な男が追いつめられてゆく様は、なかなか見応えがある。が、男のあのナイーブな人格が形成された根本的な要因をもう少し匂わせて欲しかった。


『ヒトラー/最後の12日間』(監督 オリヴァー・ヒルシュビダール)

ヒトラーは決して特別な怪物ではなかった。彼もまた我々と同じ一人の人間だったのだ。
ナチスの狂気も、南京大虐殺も、地下鉄サリン事件も、みんな同じ生身の人間が生み出したことであることを肝に銘じておかなければならない。


『疾走』(監督/脚本 SABU/原作 重松清)

原作の陰惨すぎるところをカットして、あとは上手いことかいつまんで適度な尺にまとめられ、ほぼ原作どおり。しかし、これでは原作にある“腑を抉られる程の絶望感”が伝わって来ず、不完全燃焼だった。R15指定にとどめられたお陰で、観客に高校生が多くいて、その点では良かったか。おそらく製作者の意図もそこにあったのだろう。でもよく考えると原作はR指定でもなんでもないのだから、中高生には是非原作を読んでもらいたい。




テーマ : 洋画    ジャンル : 映画

Category: 写真モノ   Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

竹富島

R0010955.jpg R0010971.jpg R0011000.jpg R0010996.jpg R0011058.jpg R0011066.jpg R0011064.jpg R0011083.jpg R0011027.jpg R0011076.jpg R0011031.jpg R0011077.jpg


テーマ : 写真日記    ジャンル : 写真

Category: 写真モノ   Tags: ---

Comment: 5  Trackback: 0

石垣島2

R0010714.jpg R0010727.jpg R0010722.jpg R0010767.jpg R0010768.jpg R0010842.jpg R0010796.jpg R0010804.jpg R0010829.jpg R0010880.jpg R0010883.jpg R0010855.jpg


テーマ : 観光地の写真    ジャンル : 写真

Category: 写真モノ   Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

西表島・由布島

R0010559.jpg R0010547.jpg R0010569.jpg R0010675.jpg R0010668.jpg R0010683.jpg R0010605.jpg R0010620.jpg R0010616.jpg R0010639.jpg R0010650.jpg R0010652.jpg


テーマ : いろんな風景    ジャンル : 写真

Category: 写真モノ   Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

石垣島1

R0010489.jpg R0010516.jpg R0010520.jpg R0010521.jpg R0010526.jpg R0010525.jpgR0010493.jpg R0010513.jpg R0010500.jpg R0010522.jpg R0010514.jpg R0010490.jpg


テーマ : 旅先での風景    ジャンル : 旅行

04 2006 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

チョロQ

Author:チョロQ
天才かキチ☆ガイかは死ぬ時に判断して欲しい。
映画は、映画館で観てこそ映画。ラーメンは700円以内。
FBでの「お誕生日おめでとう」のやりとりが嫌いです。
著作権アリ、無断掲載ヤダ。
コメント自由。

カテゴリー
  • 雑記スペシャル(93)
  • 写真モノ(123)
  • ショート(22)
  • 映画(22)
  • 糞短歌(18)
FC2カウンター
月別アーカイブ