狂った一頁

僕達を縛り付けて独りぼっちにさせようとした全ての大人に感謝します。

Category: 写真モノ   Tags: ---

Comment: 0  

部屋

NEC_0025.jpg

スポンサーサイト

テーマ : 何気ない日常の写真    ジャンル : 写真

Category: 映画   Tags: ---

Comment: 0  

映画ひとこと、ふたこと(13)

『タロットカード殺人事件』 監督/脚本:ウディ・アレン
スカーレット・ヨハンソンとウディ・アレンのコンビは感動もの。ウディ・アレンのキャラクターは毎回同じだけど、今回はヒロインに対して下心じゃなく親心で接しているのが特に好き。

『大統領暗殺』 監督/脚本:ガブリエル・レンジ
イラクとかアフガンとか石油開発とか軍事企業とかの批判だったら、擬似ドキュメンタリーよりもマイケル・ムーアみたいなドキュメンタリーの方がいい、とも思ったが、ブッシュ暗殺後のチェイニー大統領就任のシュミレーションドラマはいいと思う。

『国道20号線』 監督:富田克也 脚本:相澤虎之助
国道沿いの消費者金融とパチンコ屋とラブホテルとドンキホーテ、そんな風景を見ると僕はいつもなんだか胸のあたりがジンとする。なんでだろうと思っていた。その答えがこの映画の中にあった。

『三月のライオン』 監督/脚本:矢崎仁司
この映画には、監督が好きで好きでしょうがない世界の住人が登場する、監督が好きで好きでしょうがない世界の映画だ、ということが痛いほどよく分かった。それと同時に、客観性のない作品は完全に受け入れられるか、完全に拒否されるかのどちらかだ、ということも分った。

『やじきた道中 てれすこ』 監督:平山秀幸
落語ネタの寄せ集めと言ってしまえばそれまでだが、中村勘三郎の名優っぷりと、柄本明の怪優っぷりは一見の価値どころか二見、三見の価値あり。

『ここに幸あり』 監督/脚本/出演:オタール・イオセリアー二
イオセリアーニの映画を観たら、誰だって友達と酒を呑んで歌を唄って酔っぱらって、友達の家に泊まったり、泊めたり、橋の下で寝たりしたくなって、人生の幸せって何なのかに気が付いちゃう。
2007年“俺”映画祭「生きる喜び賞」決定。







テーマ : 映画館で観た映画    ジャンル : 映画

Category: 映画   Tags: ---

Comment: 0  

映画ひとこと、ふたこと(12)

『ゾディアック』監督:デビット・フィンチャー
面白い実録モノの作品を観ていると、事実に沿ったシーンなのか創作されたシーンなのかが気になって気になってしょうがない。

『インランド・エンパイア』
製作/監督/脚本/撮影/サウンドデザイン:デイヴィット・リンチ

観てる間、ずっとこの時間が続いてくれればいいのに、このまま死ぬのも悪くないとさえ思えた。危なかった。

『呉清源 極みの棋譜』監督:田壮壮
天才の孤独と苦悩の人生に焦点を絞った編集は見事としか言いようがない。

『未来予想図~ア・イ・シ・テ・ルのサイン~』
監督:蝶野 博 脚本:狗飼恭子

上映終了後、照明が点くと、近くに座っていたカップルの女性の方が泣いていた。彼氏に「だって、好いんだぁもぉん、うぅぅ(涙)」ロビーに出ると同様のカップルが2組いた。好き嫌いのはっきり分れる作品だと思うが、この作品は成功したんだと思う。

『アフター・ウェディング』監督:スサンネ・ビア
困難な状況に直面した家族、それぞれの心の葛藤。メロドラマな設定のベタストーリーをかたちだけなぞるのではなく、とことんまで奥深く突き詰めた演出には鳥肌が立つ。







テーマ : 映画館で観た映画    ジャンル : 映画

Category: 雑記スペシャル   Tags: ---

Comment: 0  

真の敵

内舘さん、貴女が喋れば喋るほど朝青龍の味方が増えてますけど…。
一時はマスコミを敵にまわした不良モンゴル人だが、腐れ権力者という敵の出現でまたマスコミを味方につけつつある、と云う事にお気付きか?

テーマ : 大相撲    ジャンル : スポーツ

Category: 映画   Tags: ---

Comment: 0  

映画ひとこと、ふたこと(11)

『こわれゆく世界の中で』 監督/脚本:アンソニー・ミンゲラ
2007年“俺映画祭”脚本賞決定。
ミンゲラ監督にはこれからも時代物じゃなくて、現代を生きる人々を撮って欲しい。

『スパイダーマン3』 監督:サム・ライミ
サンドマン誕生シーンは芸術的。ちょっと長いけどお腹いっぱい。大満足。

『クィーン』 監督:スティーヴン・フリアーズ 脚本:ピーター・モーガン
凄い取材力。よくこんな映画つくれるなぁ、英国の成熟した文化が羨ましい。『その時、歴史が動いた英国編』

『主人公は僕だった』 監督:マーク・フォースター 脚本:ザック・ヘルム
内容も出演者もとても良い。けど、邦題のセンス悪い。

『14歳』 監督/主演:廣末哲万 脚本:高橋泉
撮影機材のせいなのか、上映環境のせいなのか分らないが、スクリーンで観るには辛い画質が非常に残念。

『しゃべれども しゃべれども』 監督:平山秀幸 原作:佐藤多佳子
久々に自分の中の“善い人の部分”がムクムクと湧き出て来てしまった。
子役の森永くんの枝雀完コピに拍手。







テーマ : 映画館で観た映画    ジャンル : 映画

Category: 写真モノ   Tags: ---

Comment: 0  

初詣 ドコモN905i

新しい携帯電話のカメラを試してみた。

NEC_0011.jpg

            NEC_0008.jpg

NEC_0006.jpg

            NEC_0009.jpg

NEC_0003.jpg


シャッター音、マイナス50点。



テーマ : 写真日記    ジャンル : 日記

01 2008 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

チョロQ

Author:チョロQ
天才かキチ☆ガイかは死ぬ時に判断して欲しい。
映画は、映画館で観てこそ映画。ラーメンは700円以内。
FBでの「お誕生日おめでとう」のやりとりが嫌いです。
著作権アリ、無断掲載ヤダ。
コメント自由。

カテゴリー
  • 雑記スペシャル(93)
  • 写真モノ(123)
  • ショート(22)
  • 映画(22)
  • 糞短歌(18)
FC2カウンター
月別アーカイブ