狂った一頁

僕達を縛り付けて独りぼっちにさせようとした全ての大人に感謝します。

Category: 糞短歌   Tags: ---

Comment: 0  

「想定外」とは想定外



言い訳に 想定外が通じると思う組織に 命握られ




スポンサーサイト

テーマ : 短歌    ジャンル : 小説・文学

Category: 糞短歌   Tags: ---

Comment: 0  

較べない


較べない 他人と自分較べない 較べたら即 死にたくなるよ



テーマ : 短歌    ジャンル : 小説・文学

Category: 糞短歌   Tags: ---

Comment: 0  

スーパームーン


行く先を照らす満月仰ぎ見て そうだ僕はひとりじゃないんだ



テーマ : 短歌    ジャンル : 小説・文学

Category: 写真モノ   Tags: ---

Comment: 0  

大寒桜ハ満開ナリ

NEC_001020110319213256.jpg




テーマ : 心に残る風景    ジャンル : 写真

Category: 雑記スペシャル   Tags: ---

Comment: 0  

地震:続・浦安の状況

今日も浦安市の義父母の家に行った。
不要になったタオルを持って行く為だ。
先日も書いたが、浦安市の埋め立て地エリアは地震で液状化現象を起こし、地表に大量の泥水が湧き出した。
水はしばらくして下水に流れたが土砂だけが残された。今、乾いた土砂は大量の砂埃となって街中に舞っている。
少しでもドアを開けると砂は家の中まで入り込んで来る。
その掃除の為に、使い捨て雑巾として不要になったタオルが欲しいとのことだったのだ。
当初予定されていた17日の水道の復旧も暗礁に乗り上げ、雑巾など濯ぐ余裕は無いのだ。おまけに昨日からガスも使えなくなった。これも復旧工事は3月一杯かかるそうだ。

お土産に持って行ったスーパーの寿司などで昼食をとっていると、13時頃、防災浦安の放送が聞こえて来た。
電力の不足の為、計画停電から除外されていた浦安市でも本日午後2時30分から3時間程度の停電を実施するとの通告が東京電力からあった、という旨の内容だった。義母は慌てて買物に出掛けて行った。
留守番中、京葉ガスの社員がカセット式ガスコンロとボンベ持って来てくれた。町内を一軒一軒廻り、コンロを持っていない家庭に無料貸し出ししていたのだった。コンロは持っていたのでガスボンベだけ貰うことにした。
京葉ガスの社員は、これだけしかお渡し出来ませんが、と申し訳無さそうに言いながらガスボンベを2本置いて行った。

義母が買物から帰って来ると肉が売り切れで買えなかったと言うので、代わりに少し離れた所にあるスーパーに行くことにした。
そのスーパーでは意外にも、米、包装米飯、食パン、水等、決して多くはないがまだ残っていた。
砂埃が酷いのでなるべく外出を控えているせいもあるかも知れないが、地震の被害を受けていない東京で買えないものが被災した街で買えると云う現実に、東京都民として恥ずかしい思いがした。

町の記念会館にある仮設トイレも寄ってみた。
溜った汚物と砂埃で想像以上に汚れていた。最近になって市から各家庭に便袋の配給があったのでしばらくは家でも排泄に困らないと思うが、これは大きなストレスになるだろうと思った。
ちなみにこの仮設トイレの品名は「ベンクイック」という。あえて突っ込みは入れないが、「ベンクイック」である。

家に戻ると停電になっていた。
持って来た古タオルを使いやすい大きさに切ったり、家の被害状況の話などをした。
家の中は見た目に被害は無さそうだったが、幾つかの扉が開け辛くなっているので恐らく歪みがあるだろうとのことだった。
夕食の誘いもあったが、長居するとトイレに行きたくなるので早めに帰ることにした。
帰り際、義母は「この辺りが震源で大きな地震が来たら間違いなくここは津波にのまれるだろうね」と不安そうに言っていた。
帰り道、無点灯の信号が不気味だった。

この東京から最も近い被災地は、上下水道もガスも止まり再び計画停電の指定区域に組み込まれた。
それに比べ、我が街東京23区は何の被害も無く計画停電も無いのに無駄な買い溜めに走る人々が多数いる。
こんな理不尽があって良いものだろうか。

R001435620110317235033.jpg

R001435720110317235108.jpg

R001436020110317235133.jpg

R001436320110317235158.jpg

R001436620110317235238.jpg




テーマ : 写真日記    ジャンル : 写真

Category: 雑記スペシャル   Tags: ---

Comment: 0  

地震:浦安の状況(改訂版)

ニュースにはなっていないが、千葉県浦安市もかなりの被害を受けていた。
東北の被害状況に比べれば大した事は無いと言ってしまえばそれまでだが、
水道は止まり、ガスも一部で止まっている。
地震発生時、義母は車椅子の義父を連れて出かけようと家のガレージにいた。
目の前の道路に亀裂が入り、みるみるうちにうちにアスファルトが膨れ上がると、今度は道路が波打ち始めたと云う。そして足元のコンクリートが自分に向って来る様にして裂け始めた。
次第に地面の液状化によってアスファルトが隆起し、裂け目からは大量の泥水が地表に湧き出して行った。その恐怖と言ったら生きた心地がしなかっただろう。
幸いギリギリのところで浸水は免れ、門が傾いただけで家屋の損傷はないようだが、家と道路の境目は大きく広がっている。
幹線道路から順番に行政による復旧工事も少しずつ進んでいるようだが、
住宅区域は住民の手で土砂の片付けが行われていた。倒壊寸前の交番もあった。
水道は17日から復旧の見込みだが、計画停電も実施され、まだまだ不便な生活が続くだろう。

R001430620110314223829.jpg

R001430120110313203724.jpg

R001432420110314223857.jpg

R001429120110314230831.jpg

R001429520110314230941.jpg

R001433120110314230906.jpg

R001433420110313211852.jpg

R001429920110313211550.jpg

R001431220110313211211.jpg

R001433620110313210916.jpg

R001433720110313211045.jpg

R001432920110313210340.jpg

R001431620110313210250.jpg

R001431520110313211936.jpg

R001427620110313211634.jpg

R001434420110313211305.jpg

R001435220110313211801.jpg








テーマ : 写真日記    ジャンル : 日記

Category: 雑記スペシャル   Tags: ---

Comment: 0  

地震

R001426320110312191326.jpg

確定申告の書類を揃え終って一息ついていた。
突然グラグラと揺れ始めた。
揺れはなかなか収まらない。いつもと違う。
そう思った瞬間、更に揺れは強まった。
転がるようにしてジーンズを履き、財布と通帳、ノートPCを掻き集め、
マンションを出るタイミングを見計らっていた。
窓から外を見ると、向かいのマンションが折れるのではないかと云う程に左右に揺れていた。
下の公園には続々と近隣住民が避難している。

だいぶ揺れも収まってきたので、2日分の着替えも持って出ようと隣りの部屋に入ると
足の踏み場も無い程に仕事の資料などが散乱していた。
幸いにも本棚や箪笥類は、転倒防止用品のお蔭でひとつも倒れてはいなかった。
揺れは収まったものの築35年近いマンションの8階にいるのは恐ろしかったので、
防災バケツにライト付きラジオまで引っ張り出し、ついでに確定申告の書類もバッグに詰めてマンションを出た。

R001426520110312193040.jpg

マンションやオフィスビルの出入り口はどこも避難のために移動すべきかその場に留まるべきか
迷っている様子の人々で騒然としていた。
その横を自転車で上野に向う。
上野駅前や上野公園のは人でごった返していた。
白いヘルメットを被ったスーツの集団もいくつか公園内に避難している。
これは上野税務署の職員も避難しているな、と思いつつも一応税務署に行って見た。

税務署の前まで来ると、一人の年配女性が出て来たのでまさかな、と思いつつ中に入ってみた。
玄関では3人の職員が何事も無かったかの様に確定申告の受けをしていた。
受付の男性職員は「還付金の振込には1ヶ月半位かかる可能性がありますがご了承下さい」と言っていたが、
今まで受付た膨大な量の確定申告書類は多分ぐっちゃぐっちゃになっているんだろうと思うと、
はたして1ヶ月半で還付金が戻って来るのかね、などと思いつつも「はい」と言ってその場を出た。

近くのコンビニに入ると、食糧と飲み物を買う客でごった返していた。
菓子パンと缶コーヒー、ラジオ用の乾電池を買うと
若い女性店員が「気を付けてお帰り下さい」といってお釣りをくれた。
それが店のマニュアルなのか彼女の資質から出た言葉なのかは分からないが、
なんとなく人の暖かみに触れたような気がした。

上野公園に集まっていた人々も徐々に減って来ていた。
公園から出て来る人の中には裸足でバスタオルを腰に巻いた姿のフィリピン人の女性もいた。
座れる所を探しながら公園内を横断し、国立西洋美術館横のカフェテリアの石垣に座って菓子パンを食べた。
ラジオを聞きながら、しばらく休んでいた。
余震は続いている。この先また大きな揺れが来るのか来ないのか、想像もつかない。
携帯電話は繋がらない。電車は全線停止している。風が冷たくなって来た。
結局、まぁもう大丈夫だろう、と無理矢理楽観的に思考をシフトチェンジしてマンションに帰って来た。

R001426620110312215851.jpg

R001426720110312215919.jpg

都内は帰宅困難者で溢れ帰っていた。
あと1時間地震の発生が遅かったら、自分も新宿辺りで立ち往生したいただろう。
帰宅後、寝るまでの間はツイッターで避難所情報や宮城、岩手のSOSツイートなどをリツイートして情報の拡散に勤めた。役に立ったかどうかはわからないが。
寝るときは服のままで、電気も付けたままにした。
後で笑えればそれでいいと思い過剰なまでの万全の体制で眠りについた。


相方の実家の浦安は、地盤の液状化で道路に亀裂が入り、水道が止まっている。ネットも繋がらないと云う。
どうにか家の浸水は免れたようだが、復旧作業に手こずっている様子だ。
近所の小学校で給水は出来るようだが、コンビニやスーパーはパンやカップ麺などの食品が品切れ状態だという。
明日は食糧を買って復旧の手伝いに行ことにした。




テーマ : 日記    ジャンル : 日記

03 2011 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

チョロQ

Author:チョロQ
天才かキチ☆ガイかは死ぬ時に判断して欲しい。
映画は、映画館で観てこそ映画。ラーメンは700円以内。
FBでの「お誕生日おめでとう」のやりとりが嫌いです。
著作権アリ、無断掲載ヤダ。
コメント自由。

カテゴリー
  • 雑記スペシャル(96)
  • 写真モノ(127)
  • ショート(22)
  • 映画(22)
  • 糞短歌(18)
FC2カウンター
月別アーカイブ