狂った一頁

僕達を縛り付けて独りぼっちにさせようとした全ての大人に感謝します。

Category: 映画   Tags: ---

Comment: 3  Trackback: 0

僕の夢、君の夢

虎ノ門で『オリバー・ツイスト』の試写を観た。
監督はロマン・ポランスキー。『反撥』(64年)『袋小路』(65年)『ローズマリーの赤ちゃん』(68年)『テナント』(76年)等々、私が学生時代に最も衝撃を受けた監督であり、憧れの映画監督。

作品も然ることながら、歩んで来た人生そのものがまた衝撃的だった。
『ローズマリーの赤ちゃん』の大ヒットの後、妻で女優のシャロンテートが惨殺されるが、作品があまりにも悪魔的故に夫であるポランスキー本人が容疑者として名前が挙がるという、シャロンテート事件。(言うまでもなく、犯人はチャールズ・マンソン・ファミリー)
77年には13歳の少女モデルをレイプして逮捕され、保釈中に撮影のためヨーロッパに渡り、そのまま逃亡犯となった。02年に『戦場のピアニスト』でアカデミー監督賞を受賞するも、逃亡犯としての罪は今だに適応されるため、授賞式には不参加。
作品以上に悪魔的な人生だ。

そんなポランスキーの新作『オリバー・ツイスト』は、前作『戦場のピアニスト』につづきアカデミー賞最有力候補、チャールズ・ディケンズ原作の心温まる感動作だった。既に多くの批評家がこの作品について語っているだろうから、私からは一言だけ言わせて頂きたい。

「世のお父さん、お母さん、お子様を連れて是非劇場へ」

若い頃、独創的な衝撃作で世界中の映画ファンを魅了した監督も今年で73歳。
私には、ポランスキーが自身の映画人生の最後を意識しているかのように感じられた。少し淋しい気がする反面、とても心晴れやかな気持ちがする。
奇人変人異端(少々オーバーか?)の映画監督が人生の最後に、誰からも愛される映画を作り、心からの拍手喝采で迎え入れられているたのだから。




そんな映画人生を私も歩んで行きたい。
それが私の夢だ。



と、少々気恥ずかしいことを最後に書いたのも、もしかしたら、ここからが今日のメインディッシュだったり、しなかったりの試写会の帰り道。
虎ノ門から新橋駅に向って歩いて行くと、新橋駅前で新聞の号外が配られていた。

「堀江社長 逮捕」の号外だった。
gougai.jpg

朝日新聞と日本経済新聞の号外を手にして、ニュース番組のリポーターを横目に少し遅めの夕食を何処でとろうかと、更に有楽町方面を目指したその瞬間、耳をツン裂くけたたましいサイレンの音。
目の前の交差点を、前後をパトカーに挟まれカーテンで窓が遮蔽された車が猛スピードで走って来るではないか。
おお、グッドタイミング!今まさにホリエモン護送車が私の眼前を走り抜けて行く。
私だけではない。
ここは新橋。
来る日も来る日も家族の為に汗水たらして真面目に働くサラリーマンのお父さん達の目の前を、逮捕されたホリエモンを乗せて東京拘置所へ向かう護送車が通り過ぎて行ったのだった。


堀江さん、あなたの夢は「時価総額世界一の会社」だそうですね。
お金儲けが夢ですか。僕もお金はいっぱい欲しいです。誰だって夢ですよね。
金儲けは成功者の証ですものね。


「でもねぇタカフミ、パパはね、”良い物”とか”良いこと”だと自分の信じたこと(むずかしい言葉をつかうと「信念」っていうんだけどね)そういうのを創ったり、売って広めたりする事が目的で、それ(つまり信念を貫いて)それが成功した時が夢が叶った時(お金が儲かった時)だって思ってるんだよ。だから、”お金儲けに成功することで世界一の成功者になるという目的の夢なんて、目的を失った夢がない話”ってことさ。」

「ふ~ん、よくわかんない」

「そのうち分かるさ。よしっ、タカフミ、パパの背中洗ってくれ」

「うん」



東京の片隅の、あるアパートの小さな風呂の窓。そこから洩れて来る明りと湯気とお父さんの声は、とても温かそうだった。






スポンサーサイト

テーマ : 今日の出来事    ジャンル : 日記

Comments

湖面と蟻画党ご座位ます 
< アカギシゲル様
またのお越しをお待ちして居ります。

< リトル・ゼ様
もともとメディア的には、浅草キッドに見出された方ですからね。
 
確かに良い事が。(ざわ・・・ざわ・・・)
自分はホリエモンに「冷徹で頭脳明晰なやり手の新世代人間」というワイドショーそのまんまのイメージがあったのですが、ライブドアの新年会をTVでやっていたのみたら、まさしく"若者のバカ騒ぎ"で見ていて痛々しくある意味ちょっとホッとしました。
 
最後の方がなかなか良いこと書いてありますね

10 2017 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

チョロQ

Author:チョロQ
天才かキチ☆ガイかは死ぬ時に判断して欲しい。
映画は、映画館で観てこそ映画。ラーメンは700円以内。
FBでの「お誕生日おめでとう」のやりとりが嫌いです。
著作権アリ、無断掲載ヤダ。
コメント自由。

カテゴリー
  • 雑記スペシャル(95)
  • 写真モノ(125)
  • ショート(22)
  • 映画(22)
  • 糞短歌(18)
FC2カウンター
月別アーカイブ