狂った一頁

僕達を縛り付けて独りぼっちにさせようとした全ての大人に感謝します。

Category: スポンサー広告   Tags: ---

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: 雑記スペシャル   Tags: ---

Comment: 0  

血塗られたクリスマス

家族でしまじろうのクリスマスコンサートから帰ってき来たら、
路上にうつ伏せで倒れている老人に遭遇。
近づくと額から少し流血していて意識はあった。麻痺があるらしく自力で立てない様で顔も上げられない。
老人用の滑り止め付きのマジックテープの靴を履いている。声を掛けると飲み過ぎたと言う。
救急車を呼びましょうか?と言うと、近所のアパートだから大丈夫と言うものの、場所も電話番号もはっきりとは言えない。
頭を打ったからなのか、酔っているからなのか、もともとなのか分からない。
救急車は嫌だというが、結局妻と息子を先に返して電話で救急車を呼んだ。

民家の前というかギリギリ敷地内だけど住人は不在の様子。
救急車が来るまでの間、通りかかる人にいちいち説明したりするのが面倒くさいが、
何も聞かれずに通り過ぎられると、それはそれでなんか聞いてくれよと思うのだった。
救急車が来たので引き継いでうちに帰る。

サンタさんからのプレゼントの自転車を持って公園に行くことになっていたので、さっきの道を息子と通りをまた通る。
するとまだ救急車がいた。救急車の後ろで額にガーゼを貼られた老人は立って救急隊員と話しをしていた。
どうやらその場で応急処置だけして貰って自力で帰ろうとしているようだ。
無事で何よりと思いながら老人が倒れていた所を見るとまだ血が残っていた。

公園で1時間くらい遊んで帰って来ると、やはり老人の血はそのままになっていた。
そりゃそうだ、掃除は救急隊の仕事ではない。この民家の住人が帰って来たらさぞかしびっくりするだろう。
なんせ、家の表に謎の血溜まりが残ってるんだもんな。
そんな血塗られたクリスマス。
DSC07993.jpg





スポンサーサイト

テーマ : ある日の風景や景色    ジャンル : 写真

Comments


07 2017 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

チョロQ

Author:チョロQ
天才かキチ☆ガイかは死ぬ時に判断して欲しい。
映画は、映画館で観てこそ映画。ラーメンは700円以内。
FBでの「お誕生日おめでとう」のやりとりが嫌いです。
著作権アリ、無断掲載ヤダ。
コメント自由。

カテゴリー
  • 雑記スペシャル(94)
  • 写真モノ(123)
  • ショート(22)
  • 映画(22)
  • 糞短歌(18)
FC2カウンター
月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。