狂った一頁

僕達を縛り付けて独りぼっちにさせようとした全ての大人に感謝します。

Category: 写真モノ   Tags: ---

Comment: 5  Trackback: 0

新宿の街で揺さぶられた私の魂

 これは、私が2年位前に遭遇した衝撃の体験記です。

紀伊国屋の前を歩いていると突然、人混みの中から奇妙な光景が私の眼前に現れたのだった。得体の知れない衝撃が私をくぎ付けにした。
20051124184005.jpg


男は、無表情で黙々と一歩一歩ゆっくりこちらに向って前進して来る。
20051124184136.jpg


周囲の視線など気にする様子もなく、真っ直ぐに一点を見つめて私の前を通り過ぎて行く男。しかも、よく見ると裸足だ。
20051124184401.jpg


一体この男は何処から現れ、何処へ向って行くのか?
20051124184912.jpg


この男の目的は何なのか?彼の行く先には何があると言うのだ?
男は何も語らず、ただ真っ直ぐに突き進んで行く。
20051124185628.jpg


私は、男が新宿の雑踏に消えて行くのをただ静かに見送ることしか出来なかった。
新宿の街は徐々に日常の世界に戻ってゆく。
そして残ったのは、私の心を貫いた男の強い意志だけだった…。


スポンサーサイト

テーマ : 雑記    ジャンル : 日記

Comments

はじめまして☆彡 
履歴たどってきました。

この話しを聞いて、北野武監督の『DOLLS』
を思いうかんだのは私だけでしょうか・・・
モデルがいたんですよね。実際。
うろ覚えですが、浅草で北野武(ビートたけし)がまだ下積みしてたとにホームレスの年老いた男女をモデルにしたとか・・。それと同じ異様さを感じました。
Re:たらちね様 
コメント有り難うございます。
裸で暴れてるヤツって恐いですよね。
そんな男の気持ちがもしかしたら分かっちゃう映画があります。
『さらば愛しき大地』監督、柳町光男 主演、根津甚八、秋吉久美子 オススメです。
上海ではあたりまえの光景らしい。 
このおじさんの目的が不明ってーのが衝撃度高いですね。
ども、はじめまして、たらちねです。
たまたまこのブログを見てしまったんで投稿します。
何年か前、上海に行ったんですが、手足無い(どんな事情で?)物乞いさんが、地面に突っ伏したり、大八車に乗ったりしながら物乞いする光景はショックでした。地元の皆さんは当然のごとく無視する・・・見上げれば巨大なテレビ塔。百万ドルの電飾。
たらちねはこの国に、ものすっごいバランスの悪さを感じました。「頭」だけにエネルギーを注ぎ込んでる。足下危ういぞ。
あと、衝撃体験と言えば、10才の頃、柳包丁振り回した酔っぱらいとすれちがった事ですね。上半身裸で、入れ墨してました。通り過ぎる1.2分間は全神経が凍り付いてました。
「生きてて良かった・・・」とその時ほど思った事はありません。
 
これ、ほんまです。
 
ほんまかいな

04 2017 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

チョロQ

Author:チョロQ
天才かキチ☆ガイかは死ぬ時に判断して欲しい。
映画は、映画館で観てこそ映画。ラーメンは700円以内。
FBでの「お誕生日おめでとう」のやりとりが嫌いです。
著作権アリ、無断掲載ヤダ。
コメント自由。

カテゴリー
  • 雑記スペシャル(93)
  • 写真モノ(123)
  • ショート(22)
  • 映画(22)
  • 糞短歌(18)
FC2カウンター
月別アーカイブ