狂った一頁

僕達を縛り付けて独りぼっちにさせようとした全ての大人に感謝します。

Category: スポンサー広告   Tags: ---

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: 雑記スペシャル   Tags: ---

Comment: 4  Trackback: 0

珈琲館でコーヒー試飲

 今日、板橋にある珈琲館に入った。
訳あって私は週に1、2回板橋の足つぼ治療院に通っている。
予約の時間まで30分あったので、コーヒーでも飲みながら先日買った中村航の小説『100回泣くこと』を読むことにした。
店内は爽やかな陽光が射し込み、余計なBGMも無く、とても朗らかな時間が流れていた。

 第2章まで読み終わり、コーヒーの最後の一口を飲み終えたところで時計を見た。
予約の時間まではまだ10分ある。私は所在なく店内を見回した。ふとレジの左後方で目が止まる。販売用商品の陳列棚に珈琲館ブランドのコーヒー豆が売られている。何気なくその種類を数えると13種類もの豆が並んでいた。結構、色んな種類があるものだな、と思ったその時、私はある物に気がついた。
試飲もできます。
豆の上に飛び出すように付けられている札にそう書いてあった。
試飲も出来ます…タダで飲めるのか?
豆を購入しようとする意思を見せれば一杯ダダで飲めると言うのか?

レジの前に立ち、
若い女性店員に向って「試飲をしたいのですが」
小さい声で言うと、いかにも小心者に見られてしまう。やはりここは堂々と言うべきだ。
店側だって、わざわざ試飲できることを知らせてくれているのだから。
とはいえ、大きな声で言えば、近くにいる客に確実に聞こえる。
喫茶店で「試飲をしたいのですが」と声が聞こえて来たら、どう思うだろうか?
私がこの店に入ったのは7回目だ。7回目で始めて「試飲もできます」に気付いたのだ。
今ここにいるの客の中で、何人の人が試飲できるという事実を知っていると言うのだろうか?
まず一人もいないに違いない。自信がある。
今、ここで私が店員に「試飲をしたいのですが」などと言ったらどうなるか。私の声を聞いた客達は「今、何て?」と一斉にこちらを振り向くだろう。
しかもだ、レジにいるのは若い女の子の店員だ。短い時間だが彼女の接客する姿を見て、すぐに新人アルバイトだと分かった。
そんなヤツに「試飲をしたいのですが」などと言ったらどうなるか!
おそらく、今までこの店で試飲を頼んだ客などはいなかった筈。
喫茶店のレジ前で「試飲をしたいのですが」などと言われた新人は、予想だにしなかった男の発言にもうどうしていいのか分からなくなり、思考停止状態に陥るだろう。
長い沈黙。近くに座っている客の視線が痛い。こちらが決死の覚悟で発した「試飲をしたいのですが」を店員がすんなりと受け止めてくれなかったら、
私は頭のおかしな人になってしまうではないか!
「こいつ、ワケわかんないこと言ってるぜ」「あんまり見ない方がいいわよ」そんな声が聞こえる気がする。
後ろを振り向くと、早くしてくれと言いたげな顔をしてレジを待っている客もいる。
もう駄目だ。私が悪いのだ。喫茶店でタダでコーヒーを飲もうなんて…。

 やっぱり恥ずかしくて言えないな。たかが400円前後のコーヒーで恥はかきたくないもんな。時計を見ると予約の時間まであと2分。私は『今日のコーヒー300円』にチェックの入った伝票を手に取り、レジに向った。
スポンサーサイト

テーマ : 日記    ジャンル : 日記

Comments

Re:蓮未様、猫パンチ様、くらびか様 
コメントありがとうございます。
よかったまた来て下さい。

 
はじめまして。これは面白かったです!いや、本人はいたって真剣に頭の中でぐるぐる悩んでたんでしょうね。きっと試飲のこといい出せなくても顔だけは赤くなってたんじゃないでしょうか?分かります、わかります。でも、結局お金払うほうをとったということは、最後にやっぱりすっきりしないというか、お金を払ってしまったことがちょっとくやしいぞ、みたいな気分にはなりませんでしたか?私はせこいからなるなー。でも、結局その時とる行動は正しくあなたと同じでしょう。
愛だよ愛! 
ブログの履歴を辿って来ましたぜ!

スゲェ分かる!その感覚。
記事読んで面白かったッス!
オイラは、そんな自意識を愛してるよ!

テメーもさ、また来てな♪
オイラ、決してヤンキーじゃないから!
 
履歴たどってやってきました。

面白いお店もあるんですねぇ…笑
ぜひ試飲を頼む強者を見てみたいです。

06 2017 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

チョロQ

Author:チョロQ
天才かキチ☆ガイかは死ぬ時に判断して欲しい。
映画は、映画館で観てこそ映画。ラーメンは700円以内。
FBでの「お誕生日おめでとう」のやりとりが嫌いです。
著作権アリ、無断掲載ヤダ。
コメント自由。

カテゴリー
  • 雑記スペシャル(94)
  • 写真モノ(123)
  • ショート(22)
  • 映画(22)
  • 糞短歌(18)
FC2カウンター
月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。